訪問ありがとうございます607848番目のお客様です

大会結果(新人大会 団体戦)

大会結果(令和2年12月5日)
  第66回 東京都中学校新人柔道大会
  第 1回 東京都中学校新人女子柔道大会
  






男子団体

優 勝 足立学園中学校

準優勝 国士舘中学校

第3位 修徳中学校

第3位 武蔵野中学校

第5位 世田谷区立尾山台中学校

第5位 江東区立第三亀戸中学校

第5位 墨田区立桜堤中学校

第5位 江東区立東陽中学校



令和2年度 新人男子団体結果


女子団体

優  勝 淑徳中学校
準優勝 藤村女子中学校
第3位 国士舘中学校
第3位 修徳中学校
第5位 渋谷教育学園渋谷中学校
第5位 葛飾区立本田中学校
第5位 墨田区立桜堤中学校
第5位 練馬区立貫井中学校


令和2年度 新人女子団体結果
 

新人大会

第66回東京都中学校新人柔道大会 要項
1 日  時  令和2年12月5日(土)
        ① 役員集合/午前8時30分     ② 開  場/午前9時00分
        ③ 計量受付/午前9時15分~午前9時45分
        ④ 開 会 式/午前10時15分    ⑤ 閉 会 式/午後3時30分

2 会  場  東京武道館
        〒120-0005 東京都足立区綾瀬3丁目-20-1   TEL 03-5967-2111


大きな地図で見る

3 参加資格
   (1)東京都中学校体育連盟柔道部に加盟している学校に令和2年4月以降在籍し
            柔道部に入部登録している男子生徒であること。
   (2)ブロック大会は行わず、オープン参加とする。
   (3)出場する選手は半年以上の修行期間を満たし,かつ試合を行っても差し支え
            ない技量を有する者とする。

4 引  率  
        参加生徒は必ず出場者の所属する中学校の教員が引率する。ただし、東京都中学校体育大会監督・引率細則の定めるところにより教員以外の引率を認める。

5 編  成
   各校とも1チームずつ参加することができ、チームの編成は次の要領で編成する。
        ① 1チームの人員は監督(当該学校の教員)1名、1年もしくは2年の選手5名・
                        補欠2名の計8名で編成し、体重の最も重い者を大将とし、以下順次体重順に編成する。
        ② 1チームの出場選手数は5名とするが、これに満たない場合は少なくとも3名以上で編成する。
                       5名に満たない場合は大将より順次体重順に編成するものとし、4名の場合は先鋒を、
                       3名の場合は先鋒・次鋒を空位とする。
        ③ 選手を交代するときは、あらかじめ登録された補欠の選手でなければならない。交代した場合も
                       最も体重の重い者を大将とし、以下順次体重順に編成する。

6 試合形式
     (1)試合形式はトーナメント戦形式とし、勝敗の決定方法は大会実施規定第6章第30条(1)による。
  (2)試合は『国際柔道連盟試合審判規定・少年大会申し合わせ事項』により行う

安全確保のため、主催者の判断で選手を棄権させる場合がある。
令和2年度新人大会要項(男子団体)
令和2年度新人男子団体申込用紙


令和2年新人男子団体組合せ

第1回東京都中学校新人女子柔道大会 要項
1 日  時  令和2年12月5日(土)
        ① 役員集合/午前8時30分     ② 開  場/午前9時00分
        ③ 計量受付/午前9時15分~午前9時45分
        ④ 開 会 式/午前10時15分    ⑤ 閉 会 式/午後3時30分

2 会  場  東京武道館
        〒120-0005 東京都足立区綾瀬3丁目-20-1   TEL 03-5967-2111


大きな地図で見る

3 参加資格
   (1)東京都中学校体育連盟柔道部に加盟している学校に令和2年4月以降在籍し
            柔道部に入部登録している男子生徒であること。
   (2)ブロック大会は行わず、オープン参加とする。
   (3)出場する選手は半年以上の修行期間を満たし,かつ試合を行っても差し支え
            ない技量を有する者とする。

4 引  率  
        参加生徒は必ず出場者の所属する中学校の教員が引率する。ただし、東京都中学校体育大会監督・引率細則の定めるところにより教員以外の引率を認める。

5 編  成
   各校とも1チームずつ参加することができ、チームの編成は次の要領で編成する。
       チームの編成は、次の要領で行うこと。
        ① 1チームの人員は監督(当該学校の教員)1名、1年もしくは2年の選手3名・
                        補欠1名の計5名で編成し、体重の最も重い者を大将とし、以下順次体重順に編成する。
        ② 1チームの出場選手数は3名とするが、これに満たない場合は2名で編成する。
                       その場合は大将より順次体重順に編成するものとし、2名の場合は先鋒を空位とする。
        ③ 選手を交代するときは、あらかじめ登録された補欠の選手でなければならない。交代した場合も
                       最も体重の重い者を大将とし、以下順次体重順に編成する。

6 試合形式
     (1)試合形式はトーナメント戦形式とし、勝敗の決定方法は大会実施規定第6章第30条(1)による。
  (2)試合は『国際柔道連盟試合審判規定・少年大会申し合わせ事項』により行う

安全確保のため、主催者の判断で選手を棄権させる場合がある。
令和2年度新人大会要項(女子団体)
令和2年度新人女子団体申込用紙


令和2年度新人女子団体組合せ